ネットビジネスで知って置く事、それは納税です

ようこそお越しくださいました。

ネットビジネスで稼げたら知って置こうね

柘榴は食べても美味しくないが、

柘榴の実の花言葉は「愚かしさ」です。

 

 

ネットビジネスで知って置く事、それは納税です

ネットビジネスで年間20万以上稼いでしまったらの事です

ネットビジネスで稼いだ後の「納税」という事です
ネットビジネスに関わらず、年間で20万円以上の収益が発生すると

確定申告が義務付けられてそれに対する税金を収めなければなりません。

 

私の事ですが税務署から⒈通のはがき来ました。

貴方に不動産の事に付いてお聞きたいことがありますので、

お出で頂ける日時を知らせてくださいというものでした
それは、私が仕事で神奈川県に居た時に住んで居たマンションを、

不動産業者を通して賃貸していた事とだな-と、感じました。

それは3年前からの事でした。

 

どうして税務署が知ることが出来たのかは判りませんが、

税務署のサーチ能力も凄いものたなーと思いました。

 

税務署からの連絡を受けると正直あまり

気分がいいものではありません。

連絡を受けてから少し納税の勉強をしました。

 

納税は国民の義務の一つです。

教育、勤労、納税、とありますが、

納税により皆が平等に生活に必要なインフラ等の

受益を受けられるのは知っていると思います。

 

また、各種の納税の中に、消費税というのがあります、

いずれ10%になるとは思いますが、

通常の買い物とは別に事業者に掛かる

消費税あがあるのです。

 

それは入金ベースで年間1,000万円を超えると

所得税とか市県民税などとは別に

消費税を納税する義務も発生するのです。

 

年間に9,999,999の入金なら消費税は払う必要はなくて

10,000,000になったら払う必要が出てきます。

 

先に話した私のマンション賃貸所得ですが、

個人の所得です、ですが個人の別途事業として

申告できるのです。

 

という事は、個人事業ですから、

マンションを賃貸する為には経費が掛かります、

その経費を賃貸料から差引く事が出来るのです。

 

私の場合は、マンションを賃貸する為にリニューアル、

不動産会社に管理費、ローンの利子、管理交通費、

マンションの減価償却費などを

計上することが出来ました。

 

その経費が認められるのは3年以内です。

ちなみに税務署が請求できるのは

5年に遡って支払わなければならないようです。

 

では1,000万円を超えた消費税とは

これも個人事業という事で申告致します。

 

ですから、それに関わる経費が認められます。

パソコンを買い替えただとか モニターを一個増設した

だとかプロバイダー契約費用、

情報商材も経費として落とせますしセミナー代金、

それに使った新幹線や飛行機などの

移動費用宿泊費用なども経費として落とせます。

 

また、懇親会などがあった場合の飲食代金は

接待交際費などは必ず領収(レシートでも可)を

切ってもらい経費として計上するんですね。

 

家賃も全部は無理ですが仕事場として使っているなら

何分の一とかの計上は可能です。

何分の一とは部屋数などの環境によって違います。

 

こういった税金は会社からいただく給料とは

違い勝手に計算されて天引きされるようなシステムではなく

自己申告という形になるので余計な支払いだと

感じてしまうかもしれませんが仕方がありません、

これは国の仕組みだから仕方がありません。

 

自分でストック(貯金)していたお金から税金の

支払いになるので 今あるお金は払いたくないという気持ちは

誰にでもあると思いますが 間違いなく言えることは

日本に住んでいれば脱税は犯罪です。

 

申告せずにやり過ごしたり、虚偽の申告をしたりするのは

ダメだなと思っていてください、

現在はASPにも税務署が目を向けているようですから。

 

やるのであれば脱税ではなく節税できるものに対しては

積極的に経費計上して節税をやっていくというのが

私の考え方になります。

 

稼いだ金額をそのまま全部使えるわけじゃないということだけは

絶対に頭に入れておかなければいけないことです。

 

それでその消費税は何時収めるのかというと、

所得の有った年の3年後になります、

ですから1年置いた年となります、

よって3年目に所得が、

その額にならなくてもその年は納税することになります。

 

また消費税の算定計算ですが、

方法が2通りありますので、

税務署に良く聞いて自分で選んでください。

 

ネットビジネスで年間20万円の収益というのは

初心者で始めたとしてもしっかり取り組めば

数か月程度で達成できる事ですのでこの

記事を読んでいる人なら全員が対象になる範囲です。

 

年間20万円も稼げていないということなら

一度やっている事を見直したほうが良いですね、

同じことを同じようにやって収益が出ていないのなら、

そこには必ず原因があるので、

その原因を突き止める事で稼げる事になります。

 

税務署とい所はは基本的に絶対に容赦ないです。

「この税金払う金なかったらどうすればいいんですか?」

このような事を担当の税務署職員に聞いてみたら 返ってきた答えは

「どこかから借りてでも払ってください」です。

税金に関しては借金してでも絶対に払えってことです。

「僕にお金貸すとこなんかないですよ」と言いば。

税務署職員はこんな事をいうかも知れません。

 

「そうですか、じゃあ、あなた〇〇という

保険に〇年入ってますよね、

ここは〇年間継続して入っているとお金借りれる

システムがあるので そこで借りるっていうのはどうですか?」

と指導してくれるかも。

 

税はしっかり収めることですね。

税務署は日本最強の取り立て屋です。

仮にのらりくらりとしていると財産差し押さえとか

家宅捜索とかそういった話にも進展いたします。

 

家宅捜査というのは、裁判署の署員と同行して来て、

未納金額に相当する家財に「赤紙」を張っていきます、

赤紙を張られた家財は「税務署の所有物」

となるのです、だから使用はできません。

 

もしまだ未納で使用していたとすれば、

後に競売となり、競売日が通知されます。

 

それでも未納であれば裁判署の者の

立ち合いで競売が実施されます。

競売で落札業者は、

この家財は私の物だから持ち出すという事になります。

 

どうしても持って行かれるのが嫌だと言えば、

では賃貸契約をすれば使用は可能でしょうが

毎月使用料を支払う事になります。

 

私はリアル商売で破綻した人を知ってます、

その一部始終を見てしまいました、全く悲惨なものでした。

 

ですから例えば、車の差し押さえなど、

そういった事もやろうと思えばできますし、

嫌いって言っても権限がある以上それに

逆らったところで全く通用しません。

 

今からネットビジネスを始めるという

初心者さんも 数か月後には軽く20万円程度は

稼ぐことになると思うので 稼いだお金を

全部使うということだけは絶対にやめておきましょうね

 

ネットビジネスをやって稼げないということ自体が

私の感覚ではあり得ないという感覚なので

今回税金問題をしっかり覚えておきましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

情報商材鑑定人

情報商材鑑定人 数ある情報教材には本当に優れた物、 誘いの説明は素晴らしいが、 怪しい詐欺的教材も有り玉石混合です、 惑わされない為に、悪さをあばき、 良き商材を鑑定案内致します。 今までに何も判らずに情報商材を購入したが結果が出ないままに多額の出費をしてしまった経験から、貴方には「怪しい情報商材」に惑わされないようにと鑑定案内させて頂きます。                      情報商材鑑定人自己紹介

詐欺情報に騙されたら

「初月で100万円確実」 のはずが、一切稼げない。 業者の広告や販売ページでは「初月に100万円を確実に稼げる」と記載されていたのに、 実際に商品を購入してみると100万円どころか1円も稼げなかった。というような事は f-bn1.jpg http://jcs-llp.jp/form/

Sponsored Link




このページの先頭へ