外国人雇用について

昨日旅行にてある地方の温泉ホテルを利用しました、毎年と云う位に利用している、今年は外国人と思われるフロント掛かりが対応して呉れました。

このような地方の温泉ホテルでも雇用する人は居なーと思った、というのは、その町の管理のもとな営業している温泉ホテルであり、食材や酒、米、魚と主たる食材は皆地元産を謳って居る温泉ホテルである。

昨年は料理人と接待マスターは温泉ホテルなどを職場として契約社員的な人に接した時に思ったのは、この地にはこれ等の職に適した人材は居ないのだなーと思ったのだった、今年はフロント係までがこの地には居なくなったのだろう。

この温泉ホテルは町が管理しているも同然の温泉ホテルなのだからその町ま人を採用して育成すれば良いように思うのだがそれが叶わないのだろうか。

宿泊して戴きありがとうと云うことで、この町の特産品をプレゼントして貰ったのは良い事だった、その特産品は温泉ホテルの売店で購入すれば¥3,700相当の品である(20数点から選択して届け先を記載すれば後程町の特産品推進事業名で送られて来る)

そのようなことで町では町の発展推進に努力していることは理解できるのだが元となる人材育成に対応できる人材は居ないのだろうかと思った。

今国をあげて外国人の雇用に対応すべく議論されて全国としての雇用人数を検討して居るようだが、このような所でも雇用すべき人が居ないのだから、3Kと言われる職場は大変な人材不足になっているのだろう。

特に我等日本人の寿命が延びた今は介護という人材が最も身近な人達ですが、その介護の人材を外国人に道を開いて居るようだが、介護は人名を預かることから国家試験をぱすしなければならない。

外国からきて国家試験にパスするのは10パーセント程という。それは当然と思う日本に10年暮らしたと言っても国家試験にパスするのは難しいことと思う。

我が国は漢字文化だから漢字とその意味を分からなければならない特に医療用語は我等日本人でも判らない用語があるから猶更大変と感じる。

国家試験にパスする為にはタダことで無い努力が必要だ、それは最初の思いは強く思って日本に来たのだろうが、その努力に躓いてしまう人も多いと思う、だから最初の強い思いを完遂させれば看護人はもっと増えると思うのだが。

それと云うのは、その国家試験を母国語での試験にすれば良いのではと思うのだ、受験者は5年以上その職に携わって、その職場の推薦があればというような条件を付ければ介護人などは増員できるのではと思います。

これからの子供は親の介護は介護施設にて行うものと思って居る時代だから介護施設と介護人がより必要なっていく事だろうから切にそのように思うのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

情報商材鑑定人

情報商材鑑定人 数ある情報教材には本当に優れた物、 誘いの説明は素晴らしいが、 怪しい詐欺的教材も有り玉石混合です、 惑わされない為に、悪さをあばき、 良き商材を鑑定案内致します。 今までに何も判らずに情報商材を購入したが結果が出ないままに多額の出費をしてしまった経験から、貴方には「怪しい情報商材」に惑わされないようにと鑑定案内させて頂きます。                      情報商材鑑定人自己紹介

詐欺情報に騙されたら

「初月で100万円確実」 のはずが、一切稼げない。 業者の広告や販売ページでは「初月に100万円を確実に稼げる」と記載されていたのに、 実際に商品を購入してみると100万円どころか1円も稼げなかった。というような事は f-bn1.jpg http://jcs-llp.jp/form/

Sponsored Link




このページの先頭へ